引っ越しの失敗

私が引っ越しの際に失敗したことは、ダンボールに頼り過ぎたことです。一人暮らしのアパートから、急遽実家へ引っ越さなければならなくなった時のことです。引越しまでに時間が無く、とにかくダンボールを必死で集めました。

そして、片っ端から部屋のものをダンボールに詰め込んでいきました。それが荷造りだと思っていたのです。時間が無かったこともあり、必要かどうかも判断せず何も考えずに次々に詰め込む感じでした。 しかし、それは大失敗でした。

アパートから実家へ引っ越したはいいものの、実家はダンボールで溢れかえってしまったのです。ダンボールは結構かさばり場所をとるので、思ったよりも大変でした。そして、中も適当に詰めてしまったので、どこに何があるか分からず苦労しました。

引っ越しの際はどうしてもダンボールに頼ってしまいがちですが、次に移る部屋の面積も考えなければいけないと実感しました。 とりあえず詰めるのではなく、その場で捨てる勇気も必要だと思いました。

引越しの荷物の段取りが一番大切

以前知人の引越しの手伝いをしたとき、引越しの当日だというのにほとんど荷物がまとまっていなかったのです。机の上のものやキッチンなどもそのままでこれで本当に引越しをするのという感じでした。何回も往復してその荷物の量も半端ではなく、へとへとになりました。 その経験から自分が引越しをするときは、荷物のまとめをばっちりするようにしました。

トラックが到着したらすぐに積み込みができるようにするためです。そしてできるだけ荷物は減らすようにして古くなった家具などは処分してしまいましたし、使っていないものももったいないとも思ったのですが、どうせ使わないだろうといろいろ捨てました。 結果としてすっきりした荷物ですばやく積み込み出発ができたので、スムーズで気持ちが良かったです。

段取りが良いとこんなにもうまくいくものだと思いました。友人数人で作業したのですが、荷物がきれいにまとまっていて褒められましたし、最後に引越しが終わってからのみんなとの食事が楽しかったです。引越しはこうあるべきであると思いました。

東京に住むためには?

地方からわからない東京の情報を伝えていきます。特に今日中環境に関する情報は地方からは収集しにくいと思うので、周辺の飲食店の情報や、その他現地に行ってみないと分からないようなその土地特有の雰囲気や、家賃の価格帯などの情報も発信していきたいと思います。

ページのトップへ戻る