管理人より

 東京で暮らしているとまずお店選びで困る事はありません。お店選び困ることがないというのは、行くところがすでに決まっているということではなく、無限に選択肢があるということです。

世界中の高級料理店は銀座や六本木などに店を構えていて、世界中の料理が東京には集まってると言っても過言ではないでしょう。その中から、一生涯で行くお店の数は多くても100未満ではないでしょうか。そう考えてみると、数多くある選択肢や可能性の中から普通に生きているだけでは選び取ることができるのはそのうちのほんのごく1部です。一生の食事の回数は決まっているわけですが、有限である食事の回数の中で1度や2度だといって、手を抜いていかというと果たしてどうでしょうか?


 高いお金を払えば美味い料理が食える。というのは当たり前ですが、東京には高いお金を払わずとも、それなりにうまい店はたくさんあります。インターネット上の情報は、基本的には高級店の情報ばかりで溢れかえっていますが、それに埋もれて真に価値のある情報が隠れてしまっています。

当サイトの目的は、そうやってひとの目からも、情報媒体からも漏れてしまった、価値のある一滴の情報を作り上げて大勢に発信していくことです。

ぜひ一度食べてほしい和牛バーガー

東京で食べたもので心に残っているのは、丸の内にあるフォーシーズンズホテル丸の内ekki BAR&GRILLのアフタヌーンティーです。アフタヌーンティーということで、軽食やスコーン、季節のスイーツなどたくさんのアイテムが少しずつ出てくるのですが、その中の一つ、こちらの名物でもあるミニ和牛バーガーがとにかくおいしいです。アフタヌーンティーで出される一品とは思えないほどしっかり牛肉の感じられるハンバーガーで、ミニといわず大きいサイズで食べさせて、と言いたくなってしまうほどです。

もちろんそれ以外のものも丁寧に作られた品ばかりで、訪れるたびにメニューが変わるのも楽しみです。味だけでなくボリュームもたっぷりなので、お替り自由のドリンクに加えて和牛バーガー、スコーン、スイーツ…と全部食べようと思うと、昼食をしっかり食べた後ではなかなか完食できないかと思います。余裕をもって和牛バーガーを楽しんでいただくためにも、ある程度お腹を減らしてから訪れていただきたいと思います。

想像以上の美味しさだった月島岸田屋のもつ煮込み

美味しんぼという漫画で東京月島の岸田屋を知って以来、いつかこの店の名物である牛もつ煮込みを食べたいと願ってたんですが、先月ようやく憧れの岸田屋の牛もつを味わう機会に恵まれました。週末の夕方にこのお店に到着したので、すでに店内は満室。40分ほど待たされてからようやくお店に入ることが出来ました。店内は想像以上に狭く、まさに昭和の香りが漂うどこか懐かしい雰囲気。かなり外で凍えたので、熱燗を頼みつつ、お目当ての牛もつ煮込みを早速注文しました。

漫画の中では、日本人は牛肉の食べ方を知らないと吠えるフランスの三つ星シェフが、この店の牛もつ煮込みを食べて思わず唸るというシーンが出てきます。子どもの頃から何度も読んできたシーンに出て来た牛もつ煮込みの実物に初めてご対面したときは、かなり感動してしまいました。肝心の牛もつ煮込みは想像のなかで温めていたイメージ通りの味わいで大満足。とろっとろに煮込まれたモツの食感もさることながら、モツの旨みが凝縮されたタレの味も見事でした。東京三大モツと謳われている味は伊達ではありませんでした。

渋谷でパスタランチするなら

膨大な数の飲食店が軒を連ねる渋谷という街で、ランチに美味しいパスタが食べたいなぁと思った時、私がまず訪れるお店がトラットリアベルマーレです。最初に友人に誘われて訪れて以来、お店の雰囲気と美味しいパスタの虜になってしまい、渋谷でパスタランチといえばここ!と声を大にしておススメできます。場所は、JR渋谷駅の西口からセンター街方向を背に歩道橋を渡った先にある、ファミリーマートのすぐ横。店先にイタリア国旗があるのですぐ見つかると思います。渋谷の騒がしい場所から少し外れているのも個人的にはお気に入りのポイントです。つい先日私が訪れたときに頂いたのは、小海老のトマトクリームパスタのランチセット。

パスタと一緒にシャキシャキ野菜に特製ドレッシングがかかったサラダとドリンクが付いてきます。パスタの絶妙な塩加減とソースの濃厚さもさることながら、サラダも美味しい。サービススタッフのサーブのタイミングもとてもいいので、気持ちよく食事ができます。それでいて1000円札でおつりがくるリーズナブルさ!行かない理由がありません。ランチメニューは2~3日ごとに変更してるみたいなので、いつ行っても新しい美味しさに出会えます。ディナータイムも営業してるそうなので、今度は私も誰かを誘ってディナータイムにお邪魔してみたいと思っています。

かつてJR神田駅高架下にあった回転寿司屋

一番おいしかったのは、JR神田駅の高架下にあった回転寿司屋です。会社から徒歩10分~15分ほどの距離にあり、寿司は一番食べたい晩の食事になっていました。少し遠いですが、わざわざ歩いて食べに行っていました。赤貝、つぶ貝、といったコリコリするネタが本当においしくて、回転してきたら必ず取っていました。場所柄もよくて高架下という好条件の佇まい、路線の左右どちらからも出入りできる自動ドアがあるのもお気に入りでした。

今日はこっちから入る、次の日はあっちから入るというのが自然にできていました。しかしながら、この回転寿司屋、すでに無いみたいです。場所は17号線の北側で線路の南側沿いに並んでいました。どこがどのように入れ替わったのかわからないし、中華料理屋になっているような、どの店が元回転寿司屋なのか不明です。久しぶりに食べにいこうとして、無かったのが残念です。居心地もよくて、平日の中で一番開放感に満ちた時間を過ごせていました。

東京の本当に上手い飲食店の探し方

東京には世界各国の高級料理が集まっていますが、値段が高ければうまいというのは管理人的にはどうかなぁと思います。

管理人が選ぶのは安くてうまい大衆店です。料理の味だけでなく店の雰囲気や周辺の環境、本当にうまい店を作り出すのは食材でなく、全体の空気感です。

東京に住むためには?

地方からわからない東京の情報を伝えていきます。特に今日中環境に関する情報は地方からは収集しにくいと思うので、周辺の飲食店の情報や、その他現地に行ってみないと分からないようなその土地特有の雰囲気や、家賃の価格帯などの情報も発信していきたいと思います。

一般的に人気の高いのは東京の西側のエリアで、渋谷や代官山などは地方の人でも住みたいと憧れる人気のエリアです。ただし、地名のブランドネームにあわせて、それだけ家賃も高額になってくるので一概にオススメとは言えません。特に、スペックだけを考えると他のエリアを選択肢として考えた方が効率的だったりします。

自分が納得する家を建てるためには?

都心では一戸建てを持つのは夢のまた夢というのが普通の人の感覚だと思いますが、二子玉川、芦花公園、祐天寺などなど、現実的に家が建つ地域と言うのもあります。

▼注文住宅・一戸建て販売業者
注文住宅大阪ガイド|一戸建てなら
大阪の人気が高い注文住宅施工業者

ページのトップへ戻る